Author: moster4466849

人の話を聞くための極意とは

現代人は大変メンタルが弱いですよね。

 

そのため、精神的に病んでいる人が多くいるように思います。私の周りにも多くそういった友達はいます。

そういった友達の悩みの種はいまいち意味が分からないものが場合が多いです。

ある私が経験した例で友達が夜中に電話をしてきた話をしましょう。「彼のことが大好きなのに最近構ってくれなくて寂しくて浮気しちゃった。どうしよう生きるのが辛い。」

と、電話に出るなり言われました。確実に彼女が悪いので冷静に考えれば生きるのが辛いのは彼女ではなく彼氏の方でしょう。

こういう場合、相手が明らかに冷静さを欠いているのに対して何を言うのが一番なのか分からない人が多くいるでしょう。

では、これからこの例を用いて正しい相手の話の聞き方を伝授いたします。

これはカウンセリングでも用いられている方法なのですが、こういう場合に一番やってはいけないことは「否定」です。

ここで彼女に対して「浮気をしたのはアナタなのに被害者みたいに言うのはおかしい。」と指摘したとしましょう。彼女は気持ちの置き所が分からず混乱し、下手すれば発狂してしまいます。最悪、向こうが勢いに乗ってるので絶交だと言われます。

こういう場合、共感的理解が必要なのです。ちなみに共感的理解と共感は異なるものです。
「そうだね、それは彼と誘った浮気相手が悪いし死にたくなるね。」と言ってしまうのは共感です。

共感的理解とは「そうだったんだね。大変だったね。」といった感じの否定も肯定もしないことです。

そう言うと、彼女は良い方に捉えてどんどん話し出します。その間、どんなに間違っていると感じても否定してはいけません。

「そうなんだね、それは大変だったね。」と言ってください。価値観の押し付けは絶対にしてはいけません。

そして、散々共感的理解を示すと相手が本当はまともな人間であるなら「でも、確かに私が悪かったんだよね。」と言い出したりします。

その時には優しく「そうかもね。じゃあ、次はやめようね。」と優しく言ってあげるとたちまち貴女は聞き上手になれます。

では、何故否定してはいけないのか。精神的、心理的問題で相談してくる人は予め自分で答えを決めて相談してきているからです。

男性も女性も関係ありません。

自分の答えが合ってるかそうでないかの確認をしにきているだけなのです。そして、彼女らは余裕が無いので否定されると激昂する場合があります。

なので、私たち相談される側は共感せず、あくまで共感的理解を示しながらその答えを肯定してあげましょう。

それが友達との関係を保ちつつも面倒な相談を聞かなくて済む上に、大概は道を修正してあげることの出来る正しい相談のされ方です。

ちなみにこのような相談方法を心理学用語では「クライエント中心療法」と呼んでいます。
ただ、掘り下げるとこの療法はかなり難しいですので、初歩の初歩である共感的理解をまずマスターしましょう。

ちょっと問題行動の多い友人をお持ちの方は有効なのでこの知識をお使いください。

 

参照:ブライトエイジのセール情報>>>

意思が弱くて続けられないとダイエットすることはできないのか?

意思が弱いからと言ってダイエットができないというわけではありません。

人は一度決めたことでも日々の刺激によって気持ちが揺れてきます。

毎日さまざまな感情をが動くような刺激が入ってきますね。その刺激によってさまざまな考えが引き出されるものです。

疲れた。
今日はやる気がない。
忙しい。
なんか気持ちが起こらない。

人はこのような気持ちに常にさらされていきます。

常に毎日忙しい習慣にさらされている状態の中でほとんど時間も取れない中、自分のことでしかも楽しいと思えないダイエットのような新しい習慣を持つことはとても大変なことです

これが日々積み重なっていくのです。そんな辛いことに時間を割いているような余裕がないのは普通のことです。

このようにやらなければならないことで忙しい中で新しいことをはじめても当然続けられません。

これが意思が弱いからと言えるでしょうか?違います。意思が弱いのではなくて日々やらなければならないことで体が疲れているのです。

こんな日々の状態で休みの日にやろうと思ってもできないのが普通です。疲れていますからね。

こんな状態の中で意思の力を使ってやらなきゃいけない!と自分を追い込んでも、日々の刺激に押しつぶされてしまうだけなんです。

すると、やらなきゃいけない!と思う方法ではない。意思の力を使う必要の無いことをすればどうでしょうか。

やらなきゃいけない!と思わなければできないことは大きなエネルギーを使います。

ではやらなきゃならないではなく、やりたいと思えるような方法だとどうでしょうか。

エネルギーはいらないですよね。意思が弱い人ほど

楽しくて
やりがいを感じて
意味があること

これら方法をやるべきなのです。
意思が弱いから続けられないのか、それともやることの意味を感じれないから続けられないのか

簡単なダイエットも続けることの価値を感じれないと続けることは難しいです。

例えば簡単なダイエットで有名なロングブレスダイエットを例にとってみましょう。

このダイエット方法は姿勢を正してからお腹の底からふーっと息を吐いて、息を吐き切ったら2秒で一気に吸ってという方法ですね。

ロングブレスダイエットの特徴は、以下のとおりです。
どこでもできること。
やることが非常に簡単なこと。
毎日正しく行うと短期間で痩せれること

でもどうでしょうか?ロングブレスダイエットを継続して続けることはできましたか?

私は正直続けることはできませんでした。

続けられなかった理由は、
単純にやっていて面白くないこと。
意味を感じれなかったこと。
だと思います。

さまざまなダイエット方法を試してきた私はダイエットで大切なことが思い浮かんだんです。

簡単であること。効果が短期間ででること。自分のペースでできること。
これらに加えて意味を感じれることがとても重要なんだということに気が付きました。

例えばダイエットをしたいと決意した理由が、痩せて見た目をよくしたいことだとします。

ダイエットと同時に見た目もキレイに美しくなっていくとしたらどうでしょうか?

ダイエットを続けることで肌の状態が良くなっていく。キレイになっていく。
するとダイエットをしていくことに大きな意味を感じてさらにやる気が高まってきますよね。

自分の意思が弱いから続けられないということではなくて、必要性を強く感じれなかったから続けられなかったのです。
決して自分の意思が弱いからではなありません。

自分が今していることを思い浮かべて下さい。

何か習慣にしていること。

それをやりはじめたきっかけも楽しそうだなと思ったからですよね。

そしてそれが今も続いているとしたら、それはやっていて楽しいから、
自分にとって意味を感じるからですね。

これあすごく重要なことです。

自分にとって大きな意味を感じること。

楽しいと思えることは意思がなくても続けられるんです。やりたいと思えるんです。

一番ベストな方法がコレですよね。

我慢がいらない。頑張ろうと思わなくてもいい。

そもそも頑張らなきゃ やらなきゃと思わなきゃできないことは、、
絶対にやらなきゃならない強制のようなものがない限りはできません。

だってやりたくないんですからね。

これを変えてあげる必要があります。

自分にとって必要であること。やりたいことは何ですか?
ダイエットにプラス自分の欲しいものを結びつける。

ダイエットに合わせてキレイになりたいと思う人へ

ダイエットと合わせて美容も得ることはできます。

それは酵素ドリンクダイエットという方法です。

酵素ドリンクはかなり有名な方法なので既にご存知の方も多いと思いますが、

酵素ドリンクはそもそも美容に効果の高い美容サプリメントのようなもので、このドリンクには酵素ドリンクによってさまざまありますが100種類ほどの酵素成分が入っています。このドリンクを毎日飲むことによって酵素の働きで体細胞の調子が良くなり、美肌効果とさらに老廃物が排出されるようになりデトックス効果も得られるものになります。

食事の代わりにこの酵素ドリンクを飲むことによって、ダイエット効果も期待できるのです。このドリンクで痩せるためには食事の代わりという部分が重要で、これと同時に食事を食べても高いダイエット効果は期待できません。これを食事の代わりに飲むことでダイエット効果が期待できるのです。

空腹を我慢できないんじゃないの?という心配がある人もいらっしゃると思いますが、一番太る原因が食事です。

どうしても空腹が我慢できない!という人には、錠剤タイプの酵素も出ています。食事の代わりにドリンクを飲むだけのときよりはダイエット効果は期待できませんが、

この酵素にはカロリーと脂肪の吸収を抑える働きがあるのです。ですので飲まない場合より太る原因である元であるカロリーと脂質を抑える役割があるので、ダイエット効果が得られます。

ただ、飲むだけで痩せるというものではありません。

合わせて別のダイエットをしていかなければなりません。

私はどうしても空腹を我慢できない!おいしいものをたくさん食べたい!という人は、運動によるダイエットを検討していく必要があります。

ただここでは意思がが弱い人。続けられない人。自分に甘くなってしまう人を対象にしているので、そのような人にはやはり酵素ドリンクダイエットをオススメしています。

なぜならこの結果は短期間で結果が出てくるからです。

さらに毎日3食やらなければならないわけではなくて、自分のペースで1食でもいいわけです。例えば食べ過ぎてしまった次の日だとか例えば何も食べたくないけどお腹に少し入れておきたいときだとか、

自分のペースで使い分けることができます。

集中して短期で結果が出てくる方法なので、やらなきゃ!と決めなくてもできてしまうのです。

さらに、最近では青の花茶というダイエットティーも登場してきています。

 

何も活用せずにダイエットを頑張っている人がいるなら、ダイエットアイテムを活用することも考えてみて下さい。

 

今まで実感したことがない効率的なダイエットが実現できるかもしれません。

 

 

参考情報 ⇒ 青の花茶を最安値で手に入れる方法って?

妊娠中に必要な葉酸をつわり中にも摂りやすくする方法とは

妊活中や妊娠中に必要な栄養素で有名なのは葉酸ですよね。

 

妊活中はサプリメントなどで葉酸を摂取できていた方も多いかと思いますが、いざ妊娠するとつわりが酷い人にとっては錠剤のサプリメントは匂いがキツかったりするので飲みにくい場合もあります。

 

そんな時は食べやすい食べ物などから摂取できると助かりますよね。葉酸を多く含む食べ物は野菜や果物が中心なので、つわり中でも比較的食べやすいです。

 

一年中食べられる物であれば、果物のキウイフルーツが葉酸をたくさん含んでいます。味も甘酸っぱい感じで水分も多いので、つわりで気持ち悪くても食べやすいです。

 

春先であればイチゴがオススメです。サッパリするので食べやすく、スムージーなどにもできるので便利です。

 

フルーツがオススメなのは、万が一食べて気持ち悪くなったとしても吐くのが楽だからです。葉野菜であれば、ほうれん草やサニーレタスなどに多く葉酸が含まれているので、食べられるときにはほうれん草のおひたしやサニーレタスのサラダなどを食べるといいですよ。

 

また、つわりが軽めでお肉が食べられる妊婦さんにはレバーがオススメです。鶏レバーや牛レバーには葉酸がたくさん含まれていますし、鉄分も豊富なので妊娠中に不足しがちな鉄分も摂取することができます。

 

貧血が酷くなると、出産のときに輸血が必要になる場合もあるので意識して摂取した方がいいです。

 

ただし、レバー類はビタミンAも多く含むので食べ過ぎには注意してください。

 

さらに、豆類にも葉酸は多く含まれています。納豆は調理の必要がないので、匂いがダメでなければつわり中にも助かる食材です。

 

枝豆などにも葉酸が含まれているので、食べづわりで少しずつ何かを食べていないとツライ人には豆類がオススメです。

 

きな粉でも葉酸を摂取することができるので、お餅や団子が食べやすい人はきな粉をかけると良いですね。食欲がないときはヨーグルトにきな粉をかけても食べやすくなります。

 

どうしても何も食べられないという人は、葉酸を含んだキャンディーなどもあるので、ぜひ活用してみてください。つわり中は食べられるものも限られてツライかもしれませんが、赤ちゃんはママの元々持っている栄養で成長することができるので、食べられなくても心配いりません。

 

できれば妊娠前から葉酸などの栄養素をしっかり摂取しておけると理想的ですが、あまり心配しすぎずにできる範囲で栄養を摂取していくようにしましょう。

 

そして、どうしても食べられない!という時でも食べないとお腹の赤ちゃんに影響が出てしまう危険性があります。

 

そんなときは、葉酸サプリを一つ持っておくといいですね。私も葉酸サプリには何度も救われました。

 

葉酸サプリの中でも、特に無添加にこだわって作られているマカナ葉酸サプリは特におすすめです。

結局ダイエット方法をいくら探しても見つからなかった

ダイエットが続けられないもう一つの理由により簡単な方法はないかと探し求めてしまうことにあります。

 

残念ながら簡単な方法を探し歩いても、今よりももっと簡単な方法は見つからないでしょう。

 

ダイエットを成功させるためには方法ではなく、気持ちを作っていくことが大切だからです。

 

簡単な方法ということであれば、酵素ドリンクダイエットなどはその代表的方法でしょう。

 

しかし、この簡単な方法でも続けられないとなるとまずは自分の意識から改革していかなければならないかもしれません。

 

そもそも本当に痩せたいのか?心のどこかでダイエットに対するあきらめがあるのではないですか?

 

それともダイエットできなくても仕方がないという気持ちがあるのかもしれません。

 

心から絶対に痩せたい!という強い強い気持ちがあれば毎日の食事を我慢することも我慢できないほどに苦痛ではなくなるはずです。

 

意外とダイエットの方法ということではなく、ダイエットは心の問題や続けられないなどのハード的な部分に問題があることが多いのです。

 

心から痩せたい。痩せて理想の体を手に入れることによって得られるものをイメージして下さい。

 

その強い願望が手に入れば毎日の行動を作っていくことも苦痛ではなくなるでしょう。

大きな夢の設定の仕方~何か大きな夢があればすべてを乗り越えられる

何の希望もなければ何のやる気も起きないものである。

 

逆に大きな希望があれば日々やる気を出していくことはできる。

 

結局のところ、頑張れるというのは自分にとってやりたいことがあるかどうかの差である。

 

やる気が持てないというのは、本当にやりたい夢がないということの裏返しでもあると言える。

 

本当に実現したい夢があればやる気などは起こさずに体が動くもの。

 

体が動かないというのはそれが大きな問題なわけだ。

 

夢の設定の仕方がわからないという人は自分自身に尋ねてみるといい。

 

そうすれば簡単に見つけることができる。

 

自分にとって本当にやりたいことはなんだろうか?

 

大きな家に住みたい。いい車が欲しい。海外旅行に行きたい。豊かな暮らしがしたい。

 

なんでもいい。このどれに大きな魅力を感じるだろうか。そして、それは絶対に心から実現したいことだろうか。心から実現したいとすれば何をすればそれが手に入るだろうか。

 

これらのことを一つ一つ自分の中で作り上げていくわけである。こうして出来上がった自分が本当に実現したいことがあるなら、そこを実現するための努力などは簡単なのである。

 

体が自然と動いてくれるはずだ。

 

もし、体が自然に動くまでの状態になければまだまだ夢の設定の仕方が甘いというわけだ。

 

絶対に実現したいことはなんだろうか。 それをとことん考え抜いてみてほしい。

お金に困ってるので、毎月お菓子代を見直してみた結果

私はお金に困っているんです。そう私に相談をしてきたAくん。

 

彼の出費をまとめてもらうと非常に無駄な出費がありました。

 

それはお菓子代に毎月1万円以上も使っているというのです。そんな彼の発言をお聞き下さい。

 

お菓子や飲み物を色々と買ってしまうのですぐに財布の中身が・・・。

どんなことにお金を使っているのかを考えてみるとお菓子や飲み物に一番使っているということがわかりました。売り場で新発売のものを見つけるとすぐに欲しくなってしまうからだと思います。

 

全部買うというわけにはいかないのでどれにしようかと考えてからかうようにしています。

 

飲み物代を節約するためには自分で作ったお茶をボトルに入れて持ち歩けばよいのかもしれませんが面倒なので結局コンビニやスーパーで買ってしまいます。

 

お菓子や甘い飲み物を食べたり飲んだりすると健康にもよくないしお金ももったいないのでこれからはなるべく買わないようにお財布のひもの引き締めていかなくてはならないなあと思っています。

 

買ったつもり貯金をしてみようかと考え中です。

 

誰もがもっと考えて使った方がいいんじゃないの?と思うようなところに節約の種が眠っています。

 

ちょっとぐらいいいやとコンビニで買った120円のお菓子。これを毎日繰り返すと月で3600円にもなります。年間に換算すると約4万円ほどでしょうか。

 

4万円もあると欲しかったものが買えるほどではないでしょうか。

 

ちょっとした出費を見直してみるだけでも大きく効果がありますよ。

FX-為替相場が動く理由ってなに?

私は投資初心者の時はただ何となく上がりそうだとか、下がりそうだという理由で投資をしていました。

 

初期の頃は運がただ続いただけだったのに、こんなに簡単に稼げてしまうんだなと勘違いをしてしまって、その後稼いだ金額を全て削られて、元本まで全て削られて痛い目にあったものです。

 

その当時は全く投資の勉強などはしていなくて、負けた理由すらはっきりとわかってはいませんでした。ただ運が悪かった程度にしか思っていなかったのです。

 

その後も負け続けてしまいました。常に自分の狙いとは逆に動くことを繰り返していて、これは投資が会社が仕組んでいる動きなのか? 俺は誰かに監視されているのか?などと思ってしまったほどです。

 

その後、FXが恐くなってしまいFXから長い時間離れていて そして再び復帰をしたのです。そして、その時に合わせて投資について勉強をしました。

 

テクニカル分析からファンダメンタルズやそして相場心理など、ありとあらゆる知識で武装したものです。

 

FXでトータル的に勝つためにはその全てを知る必要はないと思います。というのは、常に投資をし続けるわけではないからです。

 

ある一つの視点だけ知ることによって安定して勝つことができるのです。それが相場の心理についてです。

 

相場参加者の心理状態が今どのような状態にあるかがはっきりと読み取れれば、相場でチャンスをつかみ取ることができるのです。

 

特に重要指標前の相場状態がわかりやすいのですが、値動きが非常に敏感になっています。激しく上に行くのかと思えば、下げて戻したり、あるいはそのまま予測が先走って値動きがあったりと、実に参加者たちがピリピリムードの中で取引きをしています。

 

それとは逆に目立ったニュースもなく、のちに大きな事件を抱えているようなことがなければ相場参加者も落ち着きムードの中で取引きをするため非常に値動きが安定しています。

 

そして当然相場がピリピリムードの中で取引きをしてはいけません。いつどのように動くのかは全く分からないからです。

 

そして、誰もが相場の大きな動きを狙っているため一つの方向性がでれば誰もがわーーっと乗っかってきますが、そこを狙って下げてくるファンドがいたりいなかったり、そうです。

 

全く相場が読めないのです。

 

人の心理がはっきりと表れるのがチャートの動きですから、人がドキドキと緊張しながらピリピリしているような時に取引きをするのは大変危険です。それはちょうどギャンブルのようなものですね。

 

どちらに転ぶかわからない。そして確率は50%ではなく、20%、10%レベルのものです。

 

なぜなら、そこの心理をついてくる人がいるからですね。

 

このように相場の動きの一つ一つを分析しながら見ていると、非常に楽しいですし、また新たな楽しみが広がります。そして何よりも稼ぎやすくなってきます。

 

損失が膨らんでしまう原因の一つにダメだとわかっているのに投資を繰り返してしまうことがありますが、そのようなダメな取引をしないで済むようにもなります。

 

チャートを見ながら今市場参加者の心理がどのような状態にあるかを分析してみてください。それが見えてくると勝率は今よりも上がっていくことでしょう。

 

お茶で健康予防効果をばっちりと対策する

現代の日本人の多くが健康へ高い関心を持っており、病気の予防や健康維持のために定期的な運動を心がけたり食事に気を使って正確を送っているという人は全国に数多くいます。

 

特に近年では食事の重要性が度々叫ばれるようになっており、健康によいとされている食べ物や飲み物を積極的に摂取しようという風潮が高まっています。

 

健康効果が科学的に認められているトクホの食料品が近年流行っていることもこのことと無関係ではないでしょう。

 

私たち日本人にとって馴染み深い飲み物であり、糖尿病をはじめとする様々な生活習慣病の予防に効果が期待できるとされている飲み物が緑茶となります。

 

緑茶は糖尿病予備軍と診断された人や血糖値が高めと診断された人の体質改善に効果があることが実証されていますし、文部科学省の調査でも1日に6杯以上緑茶を飲む人と週に1杯以下しか飲まない人とでは2型糖尿病の発生率に33%の違いが出ることが示されました。

 

緑茶以外のお茶で言いますと、インドやスリランカに生息しているつる性植物である「サラシア茶」というお茶にも糖尿病などの病気の改善高があるとされており、WHOも薦めている高い効果が期待できるお茶と考えられています