妊活中や妊娠中に必要な栄養素で有名なのは葉酸ですよね。

 

妊活中はサプリメントなどで葉酸を摂取できていた方も多いかと思いますが、いざ妊娠するとつわりが酷い人にとっては錠剤のサプリメントは匂いがキツかったりするので飲みにくい場合もあります。

 

そんな時は食べやすい食べ物などから摂取できると助かりますよね。葉酸を多く含む食べ物は野菜や果物が中心なので、つわり中でも比較的食べやすいです。

 

一年中食べられる物であれば、果物のキウイフルーツが葉酸をたくさん含んでいます。味も甘酸っぱい感じで水分も多いので、つわりで気持ち悪くても食べやすいです。

 

春先であればイチゴがオススメです。サッパリするので食べやすく、スムージーなどにもできるので便利です。

 

フルーツがオススメなのは、万が一食べて気持ち悪くなったとしても吐くのが楽だからです。葉野菜であれば、ほうれん草やサニーレタスなどに多く葉酸が含まれているので、食べられるときにはほうれん草のおひたしやサニーレタスのサラダなどを食べるといいですよ。

 

また、つわりが軽めでお肉が食べられる妊婦さんにはレバーがオススメです。鶏レバーや牛レバーには葉酸がたくさん含まれていますし、鉄分も豊富なので妊娠中に不足しがちな鉄分も摂取することができます。

 

貧血が酷くなると、出産のときに輸血が必要になる場合もあるので意識して摂取した方がいいです。

 

ただし、レバー類はビタミンAも多く含むので食べ過ぎには注意してください。

 

さらに、豆類にも葉酸は多く含まれています。納豆は調理の必要がないので、匂いがダメでなければつわり中にも助かる食材です。

 

枝豆などにも葉酸が含まれているので、食べづわりで少しずつ何かを食べていないとツライ人には豆類がオススメです。

 

きな粉でも葉酸を摂取することができるので、お餅や団子が食べやすい人はきな粉をかけると良いですね。食欲がないときはヨーグルトにきな粉をかけても食べやすくなります。

 

どうしても何も食べられないという人は、葉酸を含んだキャンディーなどもあるので、ぜひ活用してみてください。つわり中は食べられるものも限られてツライかもしれませんが、赤ちゃんはママの元々持っている栄養で成長することができるので、食べられなくても心配いりません。

 

できれば妊娠前から葉酸などの栄養素をしっかり摂取しておけると理想的ですが、あまり心配しすぎずにできる範囲で栄養を摂取していくようにしましょう。

 

そして、どうしても食べられない!という時でも食べないとお腹の赤ちゃんに影響が出てしまう危険性があります。

 

そんなときは、葉酸サプリを一つ持っておくといいですね。私も葉酸サプリには何度も救われました。

 

葉酸サプリの中でも、特に無添加にこだわって作られているマカナ葉酸サプリは特におすすめです。