つみき

子供をのびのび育てられる中古一戸建てを建てるコツ

  1. Home
  2. 歴史と自然に囲まれて

歴史と自然に囲まれて

インテリア

建物の高さ制限

鎌倉は、歴史的建造物や自然の多い地域です。そのため独特の魅力があり、それを見るために年に数千人もの観光客が、鎌倉に訪れています。そのため鎌倉では、その魅力を守るための取り組みが積極的におこなわれています。そのひとつが、建物の建築で、高さにおける厳しい基準を設けることです。具体的には鎌倉には風致地区とされている場所があり、そこでは15メートルを超える高さの建物は建築できないことになっているのです。風致地区の中には、建物を8メートル以下にしなければならないところもあります。そのため鎌倉では、高層階のマンションの建築が困難で、必然的に一戸建ての需要が高くなっています。もちろんその一戸建ても、指定されている高さにおさまるように建てる必要があるのです。

広々とした住宅に

しかし逆に言えば、鎌倉では住まいが広々とした一戸建てになる可能性が高いということです。現に鎌倉で販売されている一戸建ての多くが、ペンシル3階建てと呼ばれている縦に長いものではなく、横方向にゆとりのある平屋あるいは2階建てとなっています。こういった一戸建ては、階段が少ない分、屋内でスムーズに移動できますし、各部屋も広めとなっています。また、歴史的建造物や自然の美しさを損なわないように建てられているわけですから、景色を楽しみやすいと言えます。そのため、歴史と自然の魅力を堪能することを目的として、鎌倉の一戸建てを購入するという人も多くいます。さらに昨今では、老後の人生のために購入する人も増えてきています。