現代の日本人の多くが健康へ高い関心を持っており、病気の予防や健康維持のために定期的な運動を心がけたり食事に気を使って正確を送っているという人は全国に数多くいます。

 

特に近年では食事の重要性が度々叫ばれるようになっており、健康によいとされている食べ物や飲み物を積極的に摂取しようという風潮が高まっています。

 

健康効果が科学的に認められているトクホの食料品が近年流行っていることもこのことと無関係ではないでしょう。

 

私たち日本人にとって馴染み深い飲み物であり、糖尿病をはじめとする様々な生活習慣病の予防に効果が期待できるとされている飲み物が緑茶となります。

 

緑茶は糖尿病予備軍と診断された人や血糖値が高めと診断された人の体質改善に効果があることが実証されていますし、文部科学省の調査でも1日に6杯以上緑茶を飲む人と週に1杯以下しか飲まない人とでは2型糖尿病の発生率に33%の違いが出ることが示されました。

 

緑茶以外のお茶で言いますと、インドやスリランカに生息しているつる性植物である「サラシア茶」というお茶にも糖尿病などの病気の改善高があるとされており、WHOも薦めている高い効果が期待できるお茶と考えられています